妻が私の姉(3年前に被災)に怒っています。 姉が我儘すぎるのか? 妻にもっと協...

妻が私の姉(3年前に被災)に怒っています。 姉が我儘すぎるのか? 妻にもっと協力を請うべきなのか? 夫、弟としての対処方法について相談いたします。 現在50過ぎの姉は20年余り前に東北のある都市に嫁ぎました。 姉一家の家族構成は、義兄、姉、姪(専門学校生)、甥(この春から東京の大学に進学予定)です。 私は東京に在住、5歳下の妻との間に2人の息子(高校生と中学生)がいます。 姉一家は3年前の東日本大震災で被災、家族は全員無事でしたが家を失いました。 震災後の数か月間、姉と子供達は飼っていた犬を連れて、東京隣県にある実家(父は既に他界、母の1人暮らし)に身を寄せていました。 学校再開で母子が東北に戻ることになった時、義兄も含む親族で様々協議。 ・壊滅的な被害を受けた海抜の低い土地に家を建て替えることはできない ・仮設住宅には住みたくない ・所有の土地の価値は超下落 ・ローン完済したばかりで貯金はほぼゼロ …で、母が実家一戸建てを売却して我が家近くに小さなマンションを購入して移り、差額3千万弱を姉に贈与、私達夫婦からも5百万の見舞金を渡し、姉一家は県庁所在地にファミリータイプのマンションを購入しました。 私は大企業勤めでそれなりの収入はありますが住宅ローン返済中。 2人の子供達も私立中高で家計に余裕はなく、この5百万は妻の実家から無利子で借りたものです(将来の相続時にその分減額の取り決め)。 父死亡の際、母の老後の資金確保のため姉も私も相続放棄をしましたが、母の老後の資金はギリギリとなりました。 介護が必要になったら有料老人ホームに入ると言っていたのも母の資産ではもう無理、気弱になった母は何かと近所の我が家を頼るようになり妻も負担に感じているようです。 義姉はマンションで飼うことが出来ないから…と10歳を過ぎた要介護の犬を我が家に託しました。 最初は怯えて懐かず、懐くようになった頃には痴呆を発症、世話も大変です。 糖尿病や緑内障も患っているがペット保険にも入っておらず医療費も大きな負担です。 しかし犬も被害に遭って可哀想だと思い、妻を中心に面倒を見てきました。 先月、東北の甥が東京の大学を受験するので我が家に逗留しました。 第3希望の私大に合格し、4月から大学の寮生活をすることになっています。 その甥のスマホの待ち受け場面が可愛い犬の写真で、聞けば一昨年夏から飼っているのだとか。 血統書付きの高給犬です。 妻が大変憤慨、どういう事か事情を聞けというので姉に問い合わせました。 マンションはペット飼育可でした。 心に余裕がなく飼っていた犬を手放したが、淋しくて堪らなかったところ、ペットショップで今の犬と目が遭い運命を感じたんだそうです。
ベストアンサー
この状況にあってなお、「姉が我儘すぎるのか?」 「妻にもっと協力を請うべきなのか?」判断できないのですか? このままではいずれ、実姉に食いつぶされたうえに、 母親の介護も押し付けられ、奥さんの負担が増すばかり…。 奥さん、出て行っていまうかもしれませんよ。 3.11では、多くの方々がペットと離れ離れになってしまいました。 ペット可の仮設が非常に少なかったからです。 ペットと離れたくないために、仮設入居を断った人もいました。 あの未曾有の大災害ですから、 ペットの保護まで手がまわらなかったことは責められませんが、 ペットの件に関しては対処が後手後手になってしまい、 未だに尾を引いているのは事実です。 現地では、未だに飼い主が見つからない動物たちがいます。 飼い主が亡くなっている事を知らずにいる動物たちがいます。 それでも動物たちは懸命に生きています。 保護施設に収容、里親に引き取られていれば良い方で、 たった一匹で飼い主を捜してさ迷っていたり、集団で野生化したり… ボランティアが手を差し伸べているのですが、 なかなか追いつかない状況が続いています。 被災者ではありますが、お姉さんは恵まれた環境にあるようです。 愛犬は一緒に避難できたし、 自己負担なしで新しい家を手に入れたし… 「苦労を共にしてきた老犬」をあなた方に押し付け、 血統書付の高級犬を新しく飼いはじめるとは、呆れてモノも言えません。 「過酷な運命にあった自分にはそれも許されないのか?と泣きます。」 ↑↑↑ いやいや、お姉さん、泣くポイントがおかしいですよ。 「泣きたい気持ち」になるのは、 長年つれそった愛犬の面倒を最期まで看られなくなった時、のはずです。 犬の介護は大変ですよね…私も以前、17才の老犬を見送りました。 犬の介護…労力も、費用も、大変なことは十分わかります。 それでもどうか、最期まで看取ってあげてください。 お姉さんのためではなく、その犬とあなた方のために、です。 その犬がきっと、目に見えない大切なものを遺してくれると思います。
補足
質問者からのコメント妻の不満も尤もだと改めて認識しました。 お陰様です。 老犬については妻も愛着を抱いており、最後まで面倒を看ると言ってくれています。 その方が犬にとっても幸せだと思います、今は我が家の家族の一員になっていますから。 その代り家を売り老後資金を姉の為に費やした母について、今後の姉の負担をもっと増やしてもらう方向で話そうと思います。
コメント日時: 2014/03/07 20:04:30
投稿日時: 2014/03/01 11:03:20 回答数:51 解決日時: 2014/03/07 20:04:30 質問ステータス:解決済みだよ
保険 生命保険,損害保険,医療保険,学資保険
姉は、震災後の精神的負担と更年期が重なり老病犬の介護は無理、でも犬を飼うことで心を癒されたい、過酷な運命にあった自分にはそれも許されないのか?と泣きます。 妻は、犬を飼えるなら「飼えないから預かって」と押し付けた自分の犬を引き取るべきと主張しています。 結果的に親族の協力で今のマンションをローンゼロで購入できたのだから、「過酷な運命」と震災を盾に取るのはおかしい…と怒っています。
カテゴリ:暮らしと生活ガイド > 住宅 > 住宅ローン
 

 

妻が私の姉(3年前に被災)に怒っています。 姉が我儘すぎるのか? 妻にもっと協...



ご近所サイト 保険QA   お金QA   不動産QA   薬剤師QA